コラム

 公開日: 2013-10-12  最終更新日: 2014-08-05

セイコー V.F.A 修理 オーバーホール Cal. 3922A

今回は前回フジヤマ時計店のホームページ内のブログでご紹介しましたV.F.Aと同じ型の色違いのV.F.Aのご紹介です。



今回は CMOS-IC (シーモス.アイシー)について少し書きます。     巷間言われているところでは
まず ICですが、IC(集積回路)には2種類ありまして、バイポーラ式とモス式
バイポーラの方は処理が高速で能力が高いのですが、消費電流が高いと言う欠点があり、モスは処理能力こそ遅いが、消費電流は低く、小型にすることが出来ると言う利点があります。
60年代後半では実用化のめどは無く、スイスやアメリカでは、バイポーラで開発が進められていたようです。
なんだか難しい話になりますが、、、、、、




シーモスICは ドクターハニーと言うスイスの物理学者が考案しています。セイコーにこれを使用することを提案、セイコーはこれを受け入れ開発に1年4ヶ月を費やし、ドクターハニー博士のシーモスICをインターシェル社(ドクターハニー博士の会社)とジョイントで完成させています。
しかし最初に作られたシーモスICは問題が多くすぐに改良されています。そして改良されたシーモスICこそこのV.F.Aに搭載されているシーモスICです。、、、ですが現代から考えると、まだまだ消費電流は高く、電池2個入っていますが、正常値で1年しか電池が持たないのです。



今回のV.F.Aはケースは研磨いたしまして、ガラスも極力傷を取り研磨いたしました。
機械の方は、オーバーホールで正常値の消費電流にすることが出来ましたし、カレンダーのずれも部品を出さず戻すことが出来ました。



末永く大切にされてください。

今回は宮城県からVFAの修理オーバーホールありがとうございました。




アンティーク時計修理・販売 フジヤマ時計店
連絡先:0977-22-8818
HP:http://fujiyama.ocnk.net/

この記事を書いたプロ

アンティーク時計修理・販売 フジヤマ時計店 [ホームページ]

時計職人 栗林英法・

大分県別府市石垣東6丁目8-30 トレジャー石垣1F [地図]
TEL:0977-22-8818

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
時計の修理

当店は、掛時計専門の技術者と、腕時計専門の技術者の職人2名体制で時計修理に対応しております。2人の時計修理職人の日記<時計修理職人の日記 掛><時計修理職人の...

 
このプロの紹介記事
栗林英法・ くりばやしえいほう

大切な思い出が宿る時計を情熱の技術で再生(1/3)

 親から受け継いだもの、初任給で購入したもの、大切な人からもらったもの・・・恐らく多くの人にとって、時計には様々な物語が詰まっているのではないでしょうか。しかし毎日働き続ける時計は、長く使ううちに不具合が起きるもの。そんな時、頼りになるのが...

栗林英法・プロに相談してみよう!

大分朝日放送 マイベストプロ

店名 : アンティーク時計修理・販売 フジヤマ時計店
住所 : 大分県別府市石垣東6丁目8-30 トレジャー石垣1F [地図]
TEL : 0977-22-8818

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0977-22-8818

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

栗林英法・(くりばやしえいほう)

アンティーク時計修理・販売 フジヤマ時計店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
フランクミュラー 修理 オーバーホール 水没
イメージ

今回は、フランクミュラーの修理オーバーホールのご紹介です。今回は、洗濯機で水没させてしまったようで...

オメガ シーマスター 修理 オーバーホール Cal.565
イメージ

今回はオメガシーマスターの修理 オーバーホールのご紹介です。今回のシーマスターは遺品とのことで、手...

[ オメガ機械式時計 ]

オメガ シーマスター カレンダーファースト Cal.353
イメージ

今回は、オメガシーマスターカレンダーのファーストモデルの修理オーバーホールのご紹介です。画像は完成したも...

[ オメガ機械式時計 ]

シチズン クロノマスター 修理 オーバーホール
イメージ

今回は、シチズンクロノマスター の修理オーバーホールのご紹介です。まずシチズンクロノマスターですが、1967...

[ 時計修理職人の日記 腕時計 ]

オーデマ ピゲ Cal.2120 修理 オーバーホール
イメージ

今回はオーデマピゲの修理 オーバーホールのご紹介です。まず、Cal.2120ですが、この機械は1967年に...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ