コラム

 公開日: 2013-10-28  最終更新日: 2014-11-26

オメガ シーマスター コスミック Cal 565 修理 オーバーホール

今回は シーマスター コスミックの修理 オーバーホールのご紹介です。



今回はかろうじて動きますが、長年眠らせていた時計の再生になります。
まず、シーマスターコスミックですが、1976年にオメガは明確なジャンル分けをしています。その中のシーマスターは防水性を備えるスポーツモデルとして確立しています。さらに本題のコスミックは、ニューシーマスターを代表するモデルだと思います。 ワンピースケースの使用で防水性を高め、特別設計のリュウズが使用され、ここにも防水性の向上を図っています。
、、、ですが、製造から30年を超えていますし、防水を過信せずに、手洗い時には外すなどの配慮は必要だと考えています。 機械式に限らず、時計のトラブルの原因で多いのは湿気や水入りが驚くほど多く、このように防水性の高い時計になりますと、一度水が入ると逆に水は抜けないからです。もし万一水が入ってしまった可能性が有ると思われる方は、すみやかに、専門の修理やさんに診てもらう事をお勧めいたします。



今回のコスミックは、水入りの形跡はありませんが、あろう事か、文字板に変形が見受けられます。推測するに、機械を取り外す際に本来回転させて機械を取り外すのですが、回転させずに無理に取り外そうと変形させてしまったものと思います。今回は文字板はこのまま使用してほしいとの事ですのでこのまま使います。 それもそのはず、実は持ち主は父親から譲り受けたものとの事。なおさらこの文字板の変形が残念でなりません。



機械の方はと言いますと、切り替え車(自動巻きと手巻きの切り替えの役目をする車)が変形していました。これまた組み立て時の確認不足で歯車がかみ合わないまま受けを締めこんで変形させてしまったものと推測します。
本来なら躊躇することなく交換すべきですが、この年代のオメガの部品はプレミア価格で部品が大変高価になりますので、極力部品を出さないために不本意ですが、修正いたしました。



慣らし運転も終盤そろそろお客様の元へ還る日も近いです。



アンティーク時計修理・販売 フジヤマ時計店
連絡先:0977-22-8818
HP:http://fujiyama.ocnk.net/

この記事を書いたプロ

アンティーク時計修理・販売 フジヤマ時計店 [ホームページ]

時計職人 栗林英法・

大分県別府市石垣東6丁目8-30 トレジャー石垣1F [地図]
TEL:0977-22-8818

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
時計の修理

当店は、掛時計専門の技術者と、腕時計専門の技術者の職人2名体制で時計修理に対応しております。2人の時計修理職人の日記<時計修理職人の日記 掛><時計修理職人の...

 
このプロの紹介記事
栗林英法・ くりばやしえいほう

大切な思い出が宿る時計を情熱の技術で再生(1/3)

 親から受け継いだもの、初任給で購入したもの、大切な人からもらったもの・・・恐らく多くの人にとって、時計には様々な物語が詰まっているのではないでしょうか。しかし毎日働き続ける時計は、長く使ううちに不具合が起きるもの。そんな時、頼りになるのが...

栗林英法・プロに相談してみよう!

大分朝日放送 マイベストプロ

店名 : アンティーク時計修理・販売 フジヤマ時計店
住所 : 大分県別府市石垣東6丁目8-30 トレジャー石垣1F [地図]
TEL : 0977-22-8818

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0977-22-8818

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

栗林英法・(くりばやしえいほう)

アンティーク時計修理・販売 フジヤマ時計店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
フランクミュラー 修理 オーバーホール 水没
イメージ

今回は、フランクミュラーの修理オーバーホールのご紹介です。今回は、洗濯機で水没させてしまったようで...

オメガ シーマスター 修理 オーバーホール Cal.565
イメージ

今回はオメガシーマスターの修理 オーバーホールのご紹介です。今回のシーマスターは遺品とのことで、手...

[ オメガ機械式時計 ]

オメガ シーマスター カレンダーファースト Cal.353
イメージ

今回は、オメガシーマスターカレンダーのファーストモデルの修理オーバーホールのご紹介です。画像は完成したも...

[ オメガ機械式時計 ]

シチズン クロノマスター 修理 オーバーホール
イメージ

今回は、シチズンクロノマスター の修理オーバーホールのご紹介です。まずシチズンクロノマスターですが、1967...

[ 時計修理職人の日記 腕時計 ]

オーデマ ピゲ Cal.2120 修理 オーバーホール
イメージ

今回はオーデマピゲの修理 オーバーホールのご紹介です。まず、Cal.2120ですが、この機械は1967年に...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ