コラム

 公開日: 2014-02-02  最終更新日: 2014-08-05

シチズン クリストロン 修理 オーバーホール

今回はシチズン クリストロンの修理、 オーバーホールのご紹介です。
今回は、引き出しの中にしまいこんでいた時計を動かしたいとの事で、オーバーホールご依頼いただきました。外装もみがき直し、ガラスも入れ替えました。この通り綺麗になりました。





分解前に消費電流を測りましたが、かなりの数値で不動でした。
そもそも消費電流とは、時計を動かすにあたり、消費される電気のことですが、長年使われると、機械に差さしている油が劣化、蒸発し、摩擦部分の動きが渋ってしまい、正常値よりも大きな電力を掛けなければ動かなくなってしまいます。そしていずれ止まってしまいます。ただ単に止まるのではなく、機械を破損し止まることもあります。






止まると言えば、電池交換の際にゴミを入れられてしまい稼動部にゴミが詰まり止ってしまっている時計を最近、良く目にします。
やはり専門店での電池交換をお勧めします。時計の電池は、テレビのリモコンの電池を替える様にはいきません。
ひどいものになると、コイルをドライバーで破損させているものも目にします。
しばらく使う予定の無い時計の電池を液漏れを起すからと抜いてしまう人もいますが、これも静電気等で破損の原因になってしまいます。大切に思われる時計は正しく動かし続けるのが良いと考えます。
定期的に分解掃除されることが、理想ですが、当店では、電池交換の際に消費電流が高くなってきたときに、メンテナンスをお勧めしております。







消費電流など正常値に戻りました。



アンティーク時計修理・販売 フジヤマ時計店
大分県別府市荘園1-1
連絡先:0977-22-8818
HP:http://fujiyama.ocnk.net/

この記事を書いたプロ

アンティーク時計修理・販売 フジヤマ時計店 [ホームページ]

時計職人 栗林英法・

大分県別府市石垣東6丁目8-30 トレジャー石垣1F [地図]
TEL:0977-22-8818

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
時計の修理

当店は、掛時計専門の技術者と、腕時計専門の技術者の職人2名体制で時計修理に対応しております。2人の時計修理職人の日記<時計修理職人の日記 掛><時計修理職人の...

 
このプロの紹介記事
栗林英法・ くりばやしえいほう

大切な思い出が宿る時計を情熱の技術で再生(1/3)

 親から受け継いだもの、初任給で購入したもの、大切な人からもらったもの・・・恐らく多くの人にとって、時計には様々な物語が詰まっているのではないでしょうか。しかし毎日働き続ける時計は、長く使ううちに不具合が起きるもの。そんな時、頼りになるのが...

栗林英法・プロに相談してみよう!

大分朝日放送 マイベストプロ

店名 : アンティーク時計修理・販売 フジヤマ時計店
住所 : 大分県別府市石垣東6丁目8-30 トレジャー石垣1F [地図]
TEL : 0977-22-8818

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0977-22-8818

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

栗林英法・(くりばやしえいほう)

アンティーク時計修理・販売 フジヤマ時計店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
フランクミュラー 修理 オーバーホール 水没
イメージ

今回は、フランクミュラーの修理オーバーホールのご紹介です。今回は、洗濯機で水没させてしまったようで...

オメガ シーマスター 修理 オーバーホール Cal.565
イメージ

今回はオメガシーマスターの修理 オーバーホールのご紹介です。今回のシーマスターは遺品とのことで、手...

[ オメガ機械式時計 ]

オメガ シーマスター カレンダーファースト Cal.353
イメージ

今回は、オメガシーマスターカレンダーのファーストモデルの修理オーバーホールのご紹介です。画像は完成したも...

[ オメガ機械式時計 ]

シチズン クロノマスター 修理 オーバーホール
イメージ

今回は、シチズンクロノマスター の修理オーバーホールのご紹介です。まずシチズンクロノマスターですが、1967...

[ 時計修理職人の日記 腕時計 ]

オーデマ ピゲ Cal.2120 修理 オーバーホール
イメージ

今回はオーデマピゲの修理 オーバーホールのご紹介です。まず、Cal.2120ですが、この機械は1967年に...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ