コラム

 公開日: 2013-02-08 

ワーク・ライフ・バランスって何?

大分の「元気な会社作り」をお手伝いしています、社会保険労務士の篠原です。

このワーク・ライフ・バランス(以下WLB)=仕事と生活の調和」とは、仕事と私生活の時間を等分に配分して・・・という事ではありません。

政府の新成長戦略においても「年次有給休暇取得率70%、週労働時間60時間以上の雇用者割合の5割減」など具体的な数値目標が出されているように、とかく労働時間を削減する事がフォーカスされますが、それ自体が目的では無く、従業員満足度を高める職場活性の手段の一つと言えます。

以前からその重要性を認識して積極的に取り組む企業の特徴は、WLBを単に福利厚生としてでは無く、重要な経営戦略と位置付けているという点が挙げられます。

ただし、優秀な人材の確保や従業員がいきいきと働く事による生産性の向上など、メリットが多い反面、従業員も望んでいない制度を会社側が一方的に決めても実効性に乏しく、逆効果となってしまう可能性さえあります。

成功事例を検証してみると、従業員との話し合いの場を定期的に持っているという事が共通しています。従業員同士でお互いの価値観や、配慮すべき個人的事情を共有する取組をしている企業も有ります。

要はお互い様という助け合いの意識が従業員間で芽生え、職場のチームワークが高まる事が最大のメリットとも言えます。

この記事を書いたプロ

社会保険労務士 篠原事務所 [ホームページ]

社会保険労務士 篠原丈司

大分県大分市下郡1602-1 大分県保険医会館2-8 [地図]
TEL:097-574-4604

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
実績
イメージ

2014年5月24日 大分県信用組合様主催「けんしん大学」5月講座で「業績アップにつながる人事労務管理7つのポイント」と題して講師をさせていただきました。...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
篠原丈司 しのはらたけし

職場活性、適正採用、法令遵守で企業の業績アップを図る(1/3)

 大分市を中心に、中小企業の“人”に関するサポートをおこなっている「社会保険労務士 篠原事務所」。労務問題のリスク分析と予防・解決をはじめ、労働・社会保険の手続きや各種給付申請、就業規則などの作成といった業務を行っています。 「一言で社...

篠原丈司プロに相談してみよう!

大分朝日放送 マイベストプロ

事務所名 : 社会保険労務士 篠原事務所
住所 : 大分県大分市下郡1602-1 大分県保険医会館2-8 [地図]
TEL : 097-574-4604

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

097-574-4604

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

篠原丈司(しのはらたけし)

社会保険労務士 篠原事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

研修というのを忘れて熱くなりました!

「今さら聞けない『小さな会社』の労務管理勉強会」に初めて...

Y・Z
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
給与の締日と支払日、変えやすいのは?
イメージ

 創業(雇用)時に決める事 創業時、というより初めて人を雇用する時には、決める事や届出なければ...

[ 給与 ]

代休の未消化分を買い取るということ
イメージ

 休日出勤の処理方法 お正月気分もどこへやら、昨日の土曜日もセミナーに登壇しています。私自...

[ 給与 ]

残業計算に使う年間平均の所定労働時間
イメージ

 意外に難しい月給者の残業計算    法定の時間外労働や休日労働には、割増賃金を支払う義務があり...

[ 給与 ]

月給者の遅刻や欠勤を控除する時には
イメージ

 同一労働同一賃金のガイドライン案が決定 先日、「同一労働同一賃金」のガイドライン案が発表される...

[ 給与 ]

給与計算システムの機能は、ここが大事
イメージ

 扶養の上限は103万円まで 年末調整の頃となると、配偶者の扶養に入っている関係で、勤務も調整す...

[ 給与 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ