コラム

 公開日: 2016-07-15  最終更新日: 2016-11-03

初めての家づくり情報 「使って得する基礎知識とは?」


■基礎知識の役割って何あに?
知っておきたい住宅の基礎知識で検索すると、専門家が回答する様々なサイトが見つかります。でも、一番大切なこと、つまり「その基礎知識を、誰が、いつ、どこで、知りどう使うと、どんな得をするのか」については、ほとんど書かれていません。そこで、「使って得をする基礎知識」を5W1Hに沿って、私・松尾が紹介します。初めての家づくりのためのガイドブックになれるよう、頑張ります。

■いつ、基礎知識は使うの?


上図は家づくりの流れです。「情報収集段階」とは、家に興味関心が湧き、関連情報を集め、検討して、「家を建てるぞ!」と決心するまで、業者選定の行動を起こす前までの期間です。
建てる人自身が自分で考え、まとめる期間ですが、ここの良し悪しが、後の段階に大きな影響を与えます。ここで優れた専門家に相談できればいいのですが、残念ながら、この段階でのサービスを提供する会社は少なく、それより何より、初心者が相談する習慣がありません。そこで、このスペシャリストとして、松尾が、初めての家づくりに挑戦される方々の支援を始めました。気軽に、ご相談ください。
情報収集段階で必要な作業をするために、住宅を建てる人が自分で基礎知識を得て、それを使うことが、最も重要なのです。

■基礎知識は、何に使うの?


基礎知識を使って、することは以下の3つです。
1.目指したい暮らし方を夫婦で一緒に考え、方向性を決めるために使います。
家を建てる目的とは住宅を持つことではありません。家族としてだけではなく、自分の人生として幸せに暮らす、つまり、「自分らしい暮らし方」をすることですね。
では、自分らしい暮らしとは何でしょうか。
家族団らん、心身を休める、生活を楽しむこと等に「自分スタイル」を持ち、自然体で、ストレスの少ない生活を送ることですね。また、「自分スタイルは」、家族の個々人で異なるだけでなく、将来のライフステージに合わせて変化していきます。
子どもたちと過ごす期間はアッという間に終わり、益々、「夫婦二人暮らし」や「一人暮らし」が長くなる時代です。このことを踏まえて、「自分たちらしい暮らし方」、「自分らしい暮らし方」をイメージするために、基礎知識を知り、使います。

2.家・住宅の構想を練るために使います。
住宅とは、自分らしい暮らしを実現するための最強の手段です。住宅は毎日に使い、最も長く使うものです。しかも、住宅のカタチは簡単に変えることはできません。つまり、住宅そのものがそこに住む人の生活スタイルを決めてしまうのです。だから、自分に合わない暮らしが見え隠れする住宅は、避けなければなりません。
自分らしい暮らしができる住宅かどうかを判断するためには、二つの能力が必要になります。まずは、住宅のカタチから生活スタイルをイメージする能力、次は、その生活スタイルが自分に合うかどうかを判断する能力です。この二つの能力を高めるために、基礎知識を知り、使うことになります。

3.家を建てた場合の暮らしへの影響を事前に検討するために使います。
家のローン返済、維持費、エネルギー費などが、家計と暮らしにどう影響するのか、或いは、夫婦や親子の家族関係、そして近隣・地域などとの人間関係への影響などを具体的にイメージし、シュミレーションするために、基礎知識を知り、使います。

■基礎知識を使うことで、得をすることとは?


前述の3項目を整理して、「家づくりの要望書」を作成すると、次の「業者との出会い」、「打ち合わせ・契約」で、大きな得を呼び寄せることができます。
以下に3つ挙げます。
□良い業者に出会える確率がグーンと高くなる
□自信をもって、意思決定をすることができる
□家づくりが楽しくなり、ストレスが減り、夫婦仲が良くなる

■知っておきたい基礎知識とは?
重要な基礎知識とは、次の6つです。
〔1〕 家づくりの全体的な 流れ
〔2〕後悔しない家の大きさの決め方
〔3〕家のこと
 ・マイホームの良否判定を知らないと大損する
 ・家庭ストレスの原因は、間取りにあり
 ・性格タイプによって生活スタイルは違う
 ・家が持つ「力・パワー」を知ろう
 ・好きな家、似合う家の違いを知る
〔4〕土地のこと
〔5〕お金のこと
〔6〕業者選びについて
これから、順を追って、ポイントをお話ししていきます。

◆初めての家づくり 情報 全体の流れと検討ポイント
http://mbp-oita.com/machicon/column/1578/
◆初めての家づくり 家の大きさを返済負担率25%で決めると、後悔する!
  http://mbp-oita.com/machicon/column/1749/
◆初めての家づくり 家の大きさを生涯収支で決めれば、後悔しない!
  http://mbp-oita.com/machicon/column/1757/
◆初めての家づくり 一棟型住宅にすると、空き部屋ができる!
  http://mbp-oita.com/machicon/column/1762/

この記事を書いたプロ

株式会社 まちづくりコンサルネット [ホームページ]

一級建築士 松尾隆

大分県大分市荏隈1220-29 [地図]
TEL:097-548-7181

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
診断のお申し込み
間取りで、家庭の悩みを解決する家づくり

■住まいのスマイル診断の信念 ・人は、ひとの性格を変えることはできません   ・性格に合った生活環境、つまり住み方に改善することで、ひとの生活行動を変える...

 
このプロの紹介記事
松尾隆 まつおたかし

住む人の性格や行動にフィットする住まいを提案し家族の幸せを実現(1/3)

 「念願のマイホームを購入」と聞くと、殆どの人が幸せな家族の生活を想像するのではないでしょうか。ところが、まちづくりコンサルネットの代表・松尾隆さんは衝撃的な事実を教えてくれました。「家が広くなったことで家族が疎遠になったりして、マイホーム...

松尾隆プロに相談してみよう!

大分朝日放送 マイベストプロ

本当の『住みやすさ』をお教えします

会社名 : 株式会社 まちづくりコンサルネット
住所 : 大分県大分市荏隈1220-29 [地図]
TEL : 097-548-7181

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

097-548-7181

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松尾隆(まつおたかし)

株式会社 まちづくりコンサルネット

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
大分で家を建てる 定番間取りの問題3  子供部屋は45年間、物置になったまま!
イメージ

高齢者のご夫婦に、「巣立った後の子供部屋はどのように使っていますか?」と聞くと、「残念だけど、物置になっ...

[ 初めて 家づくり ノウハウ ]

定番間取りの問題その2  夫婦二人暮らしには広過ぎる!
イメージ

子育て期間は約15年、二人暮らしは約36年、さらに一人暮らしが10年と考えると、夫婦二人の暮らしが一番長...

[ 初めて 家づくり ノウハウ ]

定番間取りの問題その1  不登校は間取りのせい?
イメージ

家づくりとは将来を予想すること。ですが、その成否はローンを完済する頃でないとわかりません。「60年間家族...

[ 初めて 家づくり ノウハウ ]

初めての家づくりの必須ポイント
イメージ

今日、家庭内ストレスが原因の事件が続いています。家庭問題の原因は、家族関係の育て方だけではなく、家族の性...

[ 家づくり手法 セミナー ]

初めての家づくりセミナー 「専門家も教えない家づくりの落とし穴」
イメージ

来週の23日㈰、将来不安の低成長時代に最適な家づくり手法のセミナーを開催します。講座でも実体験でも、多く...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ