コラム

 公開日: 2018-03-09 

「老老介護」と「認認介護」

「老老介護」と「認認介護」



皆さん「老老介護」と「認認介護」という言葉を



聞かれたことがあると思います。





先ず、「老老介護」とは



65歳以上の高齢者が65歳以上の高齢者を



介護するということです。



つまり老人が老人を介護することを意味します。



核家族化が進み




年老いた夫婦が二人で生活していて




子どもは別世帯で暮らしています。




この様な年老いた夫婦の



どちらかが体調を崩したり



ケガをしたりして



要介護状態になった時に



老老介護が始まります。




子どもが近くに住んでいる場合は




時々実家に訪れ親の買い物などの




生活援助をします。



しかし子供は遠方に住んでいたり




子どもがいなかったりすると



完全に二人だけの生活になります。



旦那さんが要介護状態になっている場合



奥さまからよく聞かされるのは



「転倒した際に起こす事が出来ない」



「抱えるときに腰を痛めた」



など体力的な問題を挙げられる方が



多いのが現状です。



僕らでも高齢者を抱え上げる事は



多々ありますが、かなりの重労働です。



それを80代や90代の方が



行う事は難しい事です。



その場合は「どうしても起こす事が



出来なかったので近所の方を呼んだ」



と良く聞きます。



「それでも自宅で生活できる間は



二人で生活して行く」と



言われる方が多いのが現状です。







次に「認認介護」ですが



これは介護する人と介護される人の



双方が認知症を発症している場合の



もので、意外と多いのも現状です。



この場合、気を付けないといけない問題が



いくつかあります。



先ずは、火の問題です。



認認介護に限らずですが、



料理中に鍋に火をつけたまま



忘れたり、ストーブをつけたまま



灯油を入れたりと



火事の危険性があります。



ガスコンロを早急にIH化し



ストーブもやめて



エアコンの暖房を使う様に



した方がよいでしょう。



そしてよくある問題が



薬の管理です。



認知症やその他の持病への薬が



主治医から処方されていますが



その薬をちゃんと飲めていないのが



現状です。



この様な場合は訪問看護などの



サービスを利用し、薬の管理をしてもらう



のが一般的ですが中々他人を自分の家に



入れたがらない方も多く



難しい問題でもあります。



この様に、超高齢化社会を迎える日本では



「老老介護」と「認認介護」といわれる



問題があなたのすぐ近くでも



起きています。



現在は隣近所にどの様な方が



どの様な状態で暮らしているか



興味を持たないし



持ちたくもないと考える人が



多い時代ですが、これからは



地域の問題は



地域で解決していかなければ



ならない時代がやって来ます。





何かの切っ掛けでもいいので



地域とつながり



助けを求められたら助けたり



各地域の地域包括支援センター等の



支援専門家に相談してみたりと



みんなで超高齢化社会を支えて行かないと



いけない時期がもう来ています。



また、ある日突然やってくる災害時など



特に地域の方たちの助けが必要になります。





東日本大震災から明後日で7年。



犠牲になられた方々に哀悼の意を表するとともに、



今もなお困難な状況に直面している



被災者の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。




是非、地域に関心をもって



共に暮らしていきましょう。






リハビリデイサービスぷらすでは様々なリハビリを行っております。

ただ今、無料体験者募集中です!!

お問い合わせは担当ケアマネージャーさんか

リハビリデイサービスぷらす南大分

TEL097-573-5581(担当ミシロ)までお気軽にご相談ください

リハビリデイサービスぷらす南大分ホームページ詳細はこちら

この記事を書いたプロ

プラトー大分リハビリデイサービスぷらす南大分 [ホームページ]

柔道整復師 三代晃久

大分県大分市荏隈町字神ノ平542番地1 [地図]
TEL:097-573-5581

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
無料体験のご案内
リハビリ無料体験

今やデイサービスはコンビニエンスストアの数より多いと言われています。それぞれに特徴があり内容も色々です。以前は、ケアマネージャーさんからのご紹介がほ...

ご利用料金のご案内
ご利用料金のご案内

介護保険でのご利用料は介護度で異なってきます。またご利用者の所得により1割負担か2割負担に分かれます。●要支援1~2の方は月額固定性●要介護1~5の方は...

 
このプロの紹介記事
三代晃久 みしろあきひさ

〜人が本来もっている力を取り戻してもらうためのリハビリデイサービスを提供〜(1/3)

 人間だれしも心の中に「できるだけ長生きしたい」という思いはあるもの。それも、「健康な心と体で」。 もし年齢や病気、事故等で、介護が必要になった場合には、施設やホームヘルパーなどの助けを借りることになりますが、そこでよく耳にする「デイサー...

三代晃久プロに相談してみよう!

大分朝日放送 マイベストプロ

治療家歴25年以上の経験で様々な症例のリハビリ介護を行う

屋号 : プラトー大分リハビリデイサービスぷらす南大分
住所 : 大分県大分市荏隈町字神ノ平542番地1 [地図]
TEL : 097-573-5581

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

097-573-5581

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三代晃久(みしろあきひさ)

プラトー大分リハビリデイサービスぷらす南大分

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
薬のせいで転倒する事が増えていますよ
イメージ

薬のせいで転倒する事が増えています高齢者は年と共に持病が増えて来ます。それと同時に薬も増えて来...

[ 介護のススメ ]

GW中は多くのご家族が見学に来られました
イメージ

GW中は多くのご家族が見学に来られましたGWも終わり6月は祝日も無くしばらく連休がありません...

[ 介護のススメ ]

複雑骨折とはあなたが思っている骨折ではありません
イメージ

複雑骨折とはあなたが思っている骨折ではありません複雑骨折(フクザツコッセツ)!!というと皆さ...

[ 骨折 ]

高齢者のめまいは意外と多い
イメージ

高齢者のめまいは意外と多い意外とめまいが起こる高齢者は多いです。これは一...

[ リハビリ ]

超スーパーアスリートのカラダを触ってしまいました
イメージ

超スーパーアスリートのカラダを触ってしまいました先日、あるプロジェクトの秘密の会合で有意義...

[ 人のご縁 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ