コラム

 公開日: 2016-04-17 

神護 FINAL ~プロデビュー戦~ 

プロデビュー戦の日はジムの先輩の結婚式とかぶっていました。

イソザキさんもカツキさんもセコンドには来られず、会長の指名した先輩と二人で東京に向かいました。

東京へ向かう際はどこか他人事のような感覚というか実感のないままでした。

しかし、計量会場に入った瞬間に他人事のような感覚は吹き飛びます・・・。

タダ者じゃない雰囲気を漂わせた目つきのギラギラした男たちがゴロゴロいました。

「これが東京のプロ選手たちか・・・」

真っ黒で絞り切った身体、殺気漲るオーラ、部屋の空気が張り詰めているのがわかりました。

計量・・・ライト級は61.23㎏以下で通過できますが自分は59.3㎏でした。

今でこそ経験を積んで減量も上手くなりましたが、最初のころはオーバーしないか不安で体重を必要以上に落とし過ぎてしまうことが多かったのです。

控室へ行くと更に空気は変わります。

家族の写真を見ながら集中力を高めている選手、身体が黒光りするまでオイルを塗り込んでもらっている選手、鬼気迫る形相でフンフン言いながらシャドーをする選手。

「これはマジでヤバい世界に来てしまったかもしれない・・・」

そしてグローブを受け取ると更に危機感が増します。

【小さい・・・】今まで試合で使用していたグローブの半分くらいの大きさの6オンス。

「これで殴るのか・・・そして殴られるのか・・・」

そして肘打ちあり、顔面への膝蹴りあり、足のプロテクターなど一切着用できないのがプロのリングです。

【死ぬ・・・ということもあり得るな・・・】

初めて上がる本物のプロのリングはスポットライトが眩く、マットが温かい感じがしました。

対戦相手とリング中央で向きあった瞬間、「これはヤバい」と思いました。

自分は過去に運動会の騎馬戦で8人抜きをしたことがあったのですが、9人目の時は組んだ瞬間に「負ける」と感覚的に察したことがあります。

プロデビュー戦の相手と向き合った時はまさにその感覚と同じでした。

試合開始直後、ローキックを受けて衝撃を受けます。

「これは・・・アマチュアの時とは痛みの質が違う」

キックボクシングを初めて5ヵ月14日、身体自体の耐久性は素人同然です。

太もものダメージが蓄積し、1Rにローキックでダウンします。

しかし、当時の自分はダウンに慣れていました。

試合でもスパーリングでもダウンすることが多かった為、焦りはありませんでした。

「パンチさえ当たれば逆転できる!」

必死にパンチを振り回しますがクリーンヒットできず、逆にダメージを与えられて1R終了。

セコンドの声など全く耳に入らず・・・

【こんな痛いことはもうできない・・・次のラウンドが人生最後のラウンドや・・・】

次のラウンドを最後と決めて必死に逆転を狙ってパンチで突っ込みました。

結果は2RTKO負け。

ローキックで3度倒されてレフリーストップでした。

試合後、放心状態でドクターチェックを受け、控え室へ戻るとセコンドについてくれていた東京の選手(当時のチャンピオン)が自分に言いました。

「足も痛いけど心も痛いんだよな」

グサっと刺さりました。

会場でシャワーを浴びながら座り込みました。

【終わった・・・全て・・・デビュー戦で負けた世界チャンピオンなんていないよな・・・】

その後の試合を見ることもせず、逃げるように会場をあとにしました。

誰に報告することもできず、失意のまま、一人で歩くこともできず・・・大分へ帰りました。

なんとなくあった自信、夢、希望、すべてきれいに消え去る無残な敗北。

人生初の挫折でした。

この記事を書いたプロ

PRINCE KICK BOXING CLUB (プリンス キックボクシング クラブ) [ホームページ]

格闘家 神護

大分県大分市関園 一本木126-1 10月から横尾本店と統合し、「PRINCE HALL」が本店となりました。 [地図]
TEL:097-500-0899

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
料金システム

大分県大分市内に3店舗あるキックボクシングジムを運営しているPRINCE KICKBOXING CLUBです。当CLUBではキックボクシングを”楽しむ”ことを目標にしております。選...

ダイエット成功者実績

≪2010年~2014年8月現在≫会員Mさん 所属2年→-13kg会員Rさん 所属1年→-10kg会員Kさん 所属9ヶ月→-10kg会員Hさん 所属5ヶ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神護 しんご

元キックボクサーが手がける選手育成・フィットネス(1/3)

 格闘技としてではなく、スタイルや健康維持のために、モデルや芸能人をはじめ、各界の著名人も実践していることで話題のキックボクシング。大分市で、3店舗を展開する『プリンスキックボクシングクラブ』には、現在およそ90名の女性を含む、250名ほど...

神護プロに相談してみよう!

大分朝日放送 マイベストプロ

屋号 : PRINCE KICK BOXING CLUB (プリンス キックボクシング クラブ)
住所 : 大分県大分市関園 一本木126-1 [地図]
10月から横尾本店と統合し、「PRINCE HALL」が本店となりました。
TEL : 097-500-0899

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

097-500-0899

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神護(しんご)

PRINCE KICK BOXING CLUB (プリンス キックボクシング クラブ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

5kg以上のダイエット成功者

会員Mさん 所属2年→-13kg 会員Rさん 所属1年→-...

フィットネス会員
  • 男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
PRINCE REVOLUTIONへの想い
PRINCE REVOLUTION 5

PRINCE REVOLUTIONも次回大会で5回目を迎えます。なぜREVOLUTIONなのか?大分という「地方」から這い上がる!...

PRINCE REVOLUTION 5 を終えて・・・
イメージ

PRINCE REVOLUTION 5も皆様のおかげで無事に終えることができました。大会関係者、ご来場いただいた皆様、本当に...

ジュニア達への想い
イメージ

当クラブには現在10名以上のジュニア(小学生)会員がいます。ジュニアに対する想いは「次のステップにしてほしい...

PRINCE REVOLUTION 5 メインイベントムービー

PRINCE REVOLUTION 5で使用したメインイベントムービーです。観戦していただくお客様に試合へ這入り込みやす...

映像演出

PRINCE REVOLUTION 5の予告PVです!!次回、4月6日の「PRINCE REVOLUTION 5」では映像演出で格闘技ファン...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ