園田経人

未来をコントロールできる術を教える「セミナー」のプロ

園田経人(そのだつねと)

お金の正しい知識と正しい価値観で、お金に振り回されない未来創りを伝えたい

園田経人 そのだつねと

まず目指す未来を明確にしてから、サポートしていく

 「あの山に登ろう」。そう言われたら、その山を目指して登ることができます。しかし、ただ「山を登ろう」と言われたら、どの山を登ればいいのか迷うでしょう。この「山」とは「理想の未来」のこと。

 「株式会社SFPコンサルティング」の代表、園田さんが取り組んでいるのは、理想の未来を明確にして実現するためのお手伝い。
ファイナンシャルプランナー(以下FP)の、お金や未来設計に関する豊富な引き出しと、元塾講師として、数多くの受験指導で培った「やる気を引き出す力」で、サポートしてくれます。

 園田さんのテーマは、「日本を元気にする」こと。
「日本の99%が中小企業で、その7割は経営が厳しいと言われています。明るい未来がイメージできれば不安を和らげられますが、実際はそんな余裕がないのが現状です」。
 お金に振り回されない未来のための、正しい知識や方法を広めたい園田さん。
「お金は人生の主役ではありません。しかし道具としてはとても大事。だからこそ、「知らずに損をする」のではなく、知識をつけて未来とお金をコントロールして欲しいのです」。

 特に力を入れているのは、FPならではのコンサルティングや経営サポート、そしてFP取得支援。
「企業セミナーでは、ライフプランニングとコミュニケーション術を柱に、やる気と業績、さらに定着率をアップさせます。まずは、会社が目指す未来を明確にすることから、コンサルティングは始まります」。

 FP取得支援に関しては、大人はもちろん中高生も対象に、金融教育授業を行っているのが特徴。
「社会科の授業では、『借金と保証人はだめだ』と習いますが、住宅ローンは借金だし、今の時代は保証人がなければ家だって借りられません。現実に即しておらず、欧米に比べると、金融教育がとても弱いんです」。中学校や高校では、まずは架空の給与明細を使って授業を行います。「金融教育は未来を考えること。子どもたちもお金のことには興味があるし、将来について考える、いいきっかけになります」と言います。

園田経人プロに相談してみよう!

ページトップへ