コラム

 公開日: 2017-11-05 

発達の偏り

「発達の偏り」、「発達のでこぼこ」は、子どもの性格の個人差を表す言葉です。
これは決して病気という事ではありません。個性の強さを表しています。
この個性の強さを、最近は発達障碍と言う言葉で病気の範疇にくくってしまう風潮があります。
「病気だから治療が必要だ!」「クラスで一緒にするのは問題がある!」と言うような論調も少なからず見受けられます。
発達障碍という診断をつけられるお子さんもいることは間違いありませんが、多くても1クラスに一人か二人くらいな物です。あとは個性の強いお子さんと言うことになります。
昔は“がさご(大分の言葉でガサガサと落ち着かない子ども)”とか“おっちょこちょい”と評価されてきました。ごく普通のことだったのです。
発達に偏りがあったり、でこぼこがあるのは生活環境の影響も少なくありません。子どもは成長過程ですので、より刺激の強いものにひかれる癖があります。それは当たり前のことです。
その子が病気だと考えるよりも、生活環境に問題が無いかと振り返ってみる必要があると思います。

この記事を書いたプロ

医療法人社団ふたば会 矢田こどもクリニック / こども子育て研究所 [ホームページ]

小児科医 矢田公裕

大分県別府市石垣東4-5-4 [地図]
TEL:0977-22-9557

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
矢田公裕 やだきみひろ

病気の原因は、日々の生活の中に。自己治癒能力を活かした治療で救いたい。(1/3)

 子どもたちの健やかな成長に繋がる診療を最優先に考える、別府市の『矢田こどもクリニック』は、とりわけ気管支喘息、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーなどのアレルギー疾患や、夜尿症、心臓病、発達障害が専門。 院長の矢田公裕さんは、子どもたちが本...

矢田公裕プロに相談してみよう!

大分朝日放送 マイベストプロ

医院名 : 医療法人社団ふたば会 矢田こどもクリニック / こども子育て研究所
住所 : 大分県別府市石垣東4-5-4 [地図]
TEL : 0977-22-9557

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0977-22-9557

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

矢田公裕(やだきみひろ)

医療法人社団ふたば会 矢田こどもクリニック / こども子育て研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
新年あけましておめでとうございます
イメージ

 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 「1年の計は元旦にあり」と言...

喘息のお子さんの年末年始に気をつけること
イメージ

年末年始はお出かけの機会も多いと思います。喘息のお子さんでは、急激な温度変化、たき火やお線香、花火、タ...

[ 子どもの健康 ]

別府CKD市民公開講座

12月3日(日)10時から別府市公会堂において、別府CKD市民公開講座が開催されます。どなたでも参加できます。参加...

[ 別府市医師会 ]

今年(’17)のインフルエンザワクチン

2017年はインフルエンザワクチンの製造に色々トラブルがあり、例年よりも供給量が少なくなっています。当院でも...

[ 予防接種など ]

誤飲・誤嚥事故

乳幼児は、色々なものを口に入れて食感を楽しんで成長していきます。安全に食感を楽しみながら正しく成長を促すた...

[ 子どもの安全 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ