松尾隆

家族を幸せにする住まいを提案する住宅診断のプロ

松尾隆(まつおたかし)

住む人の性格や行動にフィットする住まいを提案し家族の幸せを実現

松尾隆 まつおたかし

全国初!「住まいのスマイル診断」を開始

 「念願のマイホームを購入」と聞くと、殆どの人が幸せな家族の生活を想像するのではないでしょうか。ところが、まちづくりコンサルネットの代表・松尾隆さんは衝撃的な事実を教えてくれました。「家が広くなったことで家族が疎遠になったりして、マイホームが家庭崩壊の原因になることが多々あるのです」。
 一級建築士としてこれまでに3000戸を超える住居を設計して建物を知り抜いている松尾さん、その経験を基に幸せな家庭を実現する住まいの提案、名付けて『住まいのスマイル診断』を行っています。
 松尾さんによると、建物には間取りや構造等に由来する“性格”があり、住む人の性格や価値観・行動様式と建物の性格が合わないと情緒不安定や家庭内不和、ひきこもりなどの原因になるとのこと。「家を買った人の大半が建物の性格に自分たちを合わせています。それによって気付かぬままストレスを溜め込み、やがてそれが夫婦喧嘩や不登校といった形で顕われるのです」。

 スマイル診断では家族全員をカウンセリングし、判明した性格・行動様式に合った間取りや家具の配置を提案します。例えば、親子のコミュニケーションが不足がちならば開放式のキッチンにしたり、廊下そのものをキッチンにすることを提案。また、喧嘩が多い夫婦には夫が心休まる場所を設け、妻には家事を円滑にこなせるような家具の配置で互いがストレスを感じない空間づくりを提案します。「提案を基に一から家を設計するのがベストですが、既に購入した人は家具の配置を変えるだけでも効果があります」と松尾さんは話します。    

松尾隆プロに相談してみよう!

ページトップへ