牧之瀬佳子

親身な対応が特長の建物クリーニングのプロ

牧之瀬佳子(まきのせよしこ)

高い清掃技術と親身な対応で住宅からオフィス、公共施設、建築現場までを美しく

牧之瀬佳子 まきのせよしこ

建築現場の清掃で培った高い技術力

 日々の生活の中で好む好まざるに関わらず汚れていく住居。こまめに掃除を行っていても年に1・2回は専門の業者に徹底的に汚れを落としてもらいたいと思う人も多いでしょう。
 日出町にある「ヤマヨシ」は今年で創業35年、県内にあるハウスクリーニング業者では老舗の部類に入ります。元々は住宅やビルの建築現場の清掃を専門とする会社としてスタート、現場における猛烈なチリやホコリ、おびただしい数の木くず、塗料等の極めて落ちにくい汚れを処理した経験で得たノウハウが高い技術力となり、今やクリーニングや清掃を実施する顧客は住宅やオフィスにとどまらず、警察署や美術館、学校、病院といった公共的な施設にまで広がっています。

 40人あまりの技術者集団を率いるのが代表取締役の牧之瀬佳子さんです。2年前に代表に就任して以来、経営という会社の舵取りを担うとともに、時間が許す限り現場に出て従業員と一緒に清掃作業にあたっています。「経営者が現場にいると従業員も頑張りますから。それに私自身、ハウスクリーニングの技術を学ぶいい機会になっています」。
 牧之瀬さんが現場にこだわるのには、もうひとつ理由があります。「業者がきれいに掃除をするのは当たり前。次もこの業者に依頼したいと思わせるプラスαが必要」との考えから、現場で依頼主の要望やニーズに耳を傾け、きめ細かな清掃を実践しているのです。牧之瀬さんが不在の現場では従業員が牧之瀬さんと同様の応対ができるよう、日ごろの従業員教育にも力を入れているということです。

 親身な対応が評判となり、最近では町内のお年寄りが大掃除や手が届かない場所の清掃を依頼して来るようになったことに、「ちょっとした清掃でも頼ってくれるのは大歓迎」と話す牧之瀬さんです。

牧之瀬佳子プロに相談してみよう!

ページトップへ